FC2ブログ

心のベスト10~小沢健二~

みなさんこんにちは。

先日Twitterでやった謎アンケートの結果を受けて、今回はオザケンこと小沢健二で行こうと思います笑

オザケンと言えばまずはコレですね。本ブログ第一回でも紹介した大好きな曲です。
今夜はブギー・バック(nice vocal) / 小沢健二 featuring スチャダラパー

大学時代、カラオケでブギーバックをおれと一緒に歌っていた相方Akの部屋は、大学から少し離れた場所で広めの部屋を借りていたこともあり、所謂たまり場。
部屋ではみんなやりたい放題。酒飲んでダベってる奴もいれば、いとしのエリーでアコギコード進行練習してる奴もいれば、プレステで九龍風水傳やってる奴もいれば、ツェッペリン、聖飢魔II、筋少とかわるがわる音楽をかけてる奴もいれば。ひとしきり過ぎて一眠りして朝になると、白いご飯と納豆と生卵が出てくる至れり尽くせりな環境。
そんな彼のCDコレクションの中に、オザケンの「LIFE」がありまして。ブギーバックが収録されている名盤ですねぇ。
それではオザケンワールドによる、恋愛起承転結を。

「誰かにとって特別だった君を
マークはずす飛び込みで僕がサッと奪い去る~」
やってやりましたよ。お陰でサークルの男先輩全員を敵に回しちゃったけどね笑
「それ分かってる?」
ドアをノックするのは誰だ? / 小沢健二

「Lovely lovely way,
Can't see the way ,It's a ...」
ラブリー / 小沢健二

大学も卒業してしばらく経ち、イギリスに長期留学に行くことに。京成スカイライナーの出発駅日暮里駅に駆けつけたよね。お母様も見送りに来てて気まずかったけど笑。
「遠くまで旅する(元)恋人に
あふれる幸せを祈るよ」
ぼくらが旅に出る理由 / 小沢健二

「ふてくされてばかりの10代を過ぎ分別もついて歳をとり
夢から夢と醒めぬまま僕らは未来の世界へ駆けてく」
今聞き直すとまた違った意味でいい歌ですねぇコレ。
愛し愛されて生きるのさ / 小沢健二

最後にオザケンを世に送り出したフリッパーズギターを。
調べたら1990年でした。リアル厨二ですよ。宮沢りえかわいいいいうおおお!とか消費電力7000ワット!とか言ってた時代ですよ。お洒落な渋谷系はまだちと早い時期ですね笑。
恋とマシンガン / Flipper's Guitar

次回はまた悩んで決めたいと思います。最近沼にハマりつつあるあのグループかな?

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

心のベスト10~ORIGINAL LOVE~

みなさんこんにちは。

前回のハモネプ記事で、たむらまろのメンバーに郡山出身の方がいると紹介しましたが、今回はその流れでORIGINAL LOVEを紹介したいと思います。
そう、ORIGINAL LOVEのボーカル田島貴男さんは、郡山の高校を卒業されているんですね~。
郡山出身といえば西田敏行さんが一番有名ですかね。音楽関係でいくと「風とロック」の箭内さんは同じ高校の出身です。ビビる大木の相方大内登さんは同じ高校で同期生。

さてORIGINAL LOVEですが、田島貴男さんの声のクセが強い笑。耳に残るまったりラブソングがとてもよいです。曲を聞けば聞き覚えがあるな~という感じではないでしょうか?
朝日のあたる道 / ORIGINAL LOVE
プライマル / ORIGINAL LOVE

一番有名なのはこれかな?中島美嘉さんをはじめ、多数のアーティストさんがカバーしている名曲です。
なーがーくーあーまーいー
接吻 / ORIGINAL LOVE

おれの大好きな「美しく燃える森」は実はスカパラのボーカルゲスト三部作のひとつで、この曲もそのうちのひとつ。
東京スカパラダイスオーケストラ / めくれたオレンジ

最後に接吻女性カバーシリーズで。この曲を女性が歌うのは反則ですね…みなさんはどれがお好みでしょうか?
接吻 / Goose house
接吻 / ウタイスト
接吻 / Nagie Lane

さて次回は、渋谷系の流れでいってみようかな??どうしよ??

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

ハモネプ2019 

みなさんこんにちは。

もう1ヶ月程前になりますが、3年ぶりにハモネプが復活してテレビ放映されましたね。
「力の限りゴーゴゴー!」時代からのハモネプファンとしてはもちろんチェック。
ハモネプとは、所謂楽器を使わずアカペラの腕前を競う番組。ベースもパーカスも全部口だけで。そのテクニックもすごいんですが、懐メロが多く歌われるのもあって大好きなんですよね。
3年ぶりのハモネプは、従来のコーラス定番構成があまりなく、何だか異種格闘技の様相を呈していましたね。全然悪いことじゃなくて、むしろ幅が広がったというか、裾野が広がったイメージ。新しい方向性を示してくれた感じを受けました。

では決勝に残った5組のパフォーマンスを紹介します。

優勝 たむらまろ
ハモネプでは珍しいベースもボイパ(ボイスパーカッション)もいない、純粋な6声コーラス。その精密さに圧倒されます。
全く違和感なくハートに響くコーラス。少し技術的な話はリーダーの「ぬ。」さんがご自身のYouTubeチャンネルで解説されています。
余談ですが、たむらまろの女性陣(というか男性陣もですが)、みんなメガネ女子なんですよね。みんな好き。しかも一番背の高い方は同郷の郡山出身、応援せざるを得ませんね笑
Circle of Life / たむらまろ
鉄腕アトム / たむらまろ

準優勝 ハイスクールバンバン
いかにも初期のハモネプらしい高校生ユニット。とはいえ中身はavexの育成契約生でそれぞれがプロを目指している個々のスキルは非常に高いです。
ボイパのRUSY君は今までに見たことない新世代って感じ。音程があるバス、スローテンポで独特のグルーヴを生み出す。ヤバいです。
もう一人、真ん中で歌ってる天音ちゃん。底が見えないボーカルが気になって仕方ありません。BLUETEARSを歌うYUKIちゃん並みのインパクト。注目していきたいです。
Body And Soul / ハイスクールバンバン
SWEET 19 BLUES / ハイスクールバンバン

3位 DUC
コーラス編成は圧巻の15人。声の圧力はさながらゴスペルコンサートのようです。
「ヘミオラ」というテクニックで声のうねりを出しているそうです。「たけのこたけのこたけのこ」と「かぼちゃかぼちゃかぼちゃ」。詳しくはよかろうもんとDUCのコラボレーション動画をどうぞ笑。
Under The Sea / DUC
Yah Yah Yah / DUC

たびとも
女性リードにコーラスは男性1女性2。男性ベースに男性ボイパ。これぞザ・ハモネプという構成。
女性リードのいいところを引き出す選曲をしてますね。彼女も何か人を惹き付ける歌唱力を持っている気がします。薬剤師。理系女子。深い意味はありません。
そばかす / たびとも
明日はきっといい日になる / たびとも

背徳の薔薇
昔懐かしV系の見た目ですが中身は気さくそうなお兄さん達のユニット。ちょっとこのボイパの人は凄いですよ。敢えてソロボイパの動画を紹介しますが概要欄が秀逸。
ENDLESS RAIN / 背徳の薔薇
紅(ボイパ) / 背徳の薔薇のボイパの人

いやー五組ともそれぞれ魅力があって、やっぱハモネプっていいなと思った次第です。決勝に残ったグループ以外の他のグループも含めて、YouTubeに上がっている動画を適当に集めたミックスリストを置いて置きます。(一部著作権的にまずそうなのもありますすみません。)
ハモネプ2019

昔のハモネプからプロデビューした懐かしのユニットも紹介します。
RAG FAIRのボイパ、おっくんは大学の後輩で、おれが在学中にも学祭なんかで歌っているのを見てました。
Sheサイドストーリー / RAG FAIR
ポカリスエットCMソングメドレー / INSPi

よかろうもんのボイパ、Daichi君はヒカキンと共にYouTubeでボイスパーカッションを世間に広めた第一人者ではないでしょうか。普段殆ど地上波テレビは見ないんですが、よかろうもんのYouTubeチャンネルでハモネプ復活を知りました笑。
ダイナマイト / よかろうもん

最後はQuizKnock編集長、伊沢さんとよかろうもんのアカペラコラボ俺得動画で。
硝子の少年 / よかろうもんfeat. 伊沢拓司

ハモネプ最高!

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽