FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今までと、これからと。

みなさんこんにちは。

あれだけゲーム好きだった私が、3年前を最後にパッタリとゲームをしなくなり、PSNにすらログインしなくなり、おかしいな?と感じていた方も少なからずいたかも知れませんね。
私は2015年の年末に、人工呼吸器装着、寝たきりとなり、都内の療養型病院に長期入院する事となり、物理的にゲームが出来ない環境に身を置かざるを得なくなりました。

私の病気は先天性ミオパチーという遅進行性神経の難病で、現時点で治療方法は全く確立されていない病気です。20代後半までは健常者として生きていましたが徐々に症状が現れ始め、30代は車イスと共に生活していました。
現代社会というのは良くも悪くも暗黙的に健常者と障害者を区別するところがあり、障害者ということで税制面の優遇や障害年金という保証面の優遇はありましたが、大企業に属していた私は、はっきりと障害が理由で出世が遅らされる通告を受けたり、婚約者が病気を理由に離れていったりして、健常者と障害者の狭間で揺れるとても悩ましい時期を過ごしていました。

そんな時期に出会ったのが、神ゲー「マリオカートWii」でした。当時はもう車イス生活でしたが、男性も女性も、学生も社会人もオジサンも、健常者も障害者もスタートラインに立てば皆平等。肘より上に上がらない右腕で必死にリモコン振ってウィリー繋いでました。マリカWiiパラリンピックがあったら金メダルは私だろうなと思うくらい、全国の猛者と遜色ないプレーが出来てたんじゃないかと。

「CoD」も同じ。ばすたんやたっくんに「下手くそやな~」と煽られても、いつもパーティーを組んで突撃してくれました。右手人差し指が自由に動かせない中で必死にR1ボタンを押してACRちゃんを撃ってました。

「Destiny」での奇跡も1つ。一緒に最高難度のレイドをノーミスでクリアするトロフィーに挑んで成功したかばくんが、プレイアーカイブを、私の肉声入り動画で残してくれていました。人工呼吸器で声を失った私にとっては、現存する唯一の肉声データ。かばくんは不慮の事故で亡くなってしまったけれど、ありがとうかばくん。

長々と徒然なるままに書いて来ましたが、何を言いたかったのかというと、リアルの人間関係、状況の垣根を取っ払うオンゲーは神ということです。障害を抱えた私と対等に一緒にゲームをプレイしてくれたフレンドさん達には感謝の言葉しかありません。

何故今頃になってこんなカミングアウトをしたのかというと、ストレスなくデジタル文章を書けるうちに感謝の気持ちを書いておこうと思ったのと、3年かかってようやくオンゲーの世界から切り離された自分の立ち位置を受け入れられたのが大きかったです。

近い将来に死を意識したとかそういう訳ではありませんのでご安心ください。

今回カミングアウトすることについて、同様に難病をカミングアウトされたNOBUO君にはいろいろ相談に乗って貰いました。NOBUO君ホントにありがとう。

取りあえず今考えていることは、キャサリンフルボディはプレイしたいなあということ。vita買って、来年2月にはPSNに接続しているかも?(結局ゲームかよ!)それまでは指のリハビリ頑張りたいと思います。


長文お付き合いありがとうございました。またフレンドのみんなとゲーム出来る日を夢見て!じゃあね!
スポンサーサイト

心のベスト10~Mr.Children~

さて今回はMr.Childrenです。
日本のロック史に燦然と輝くモンスターロックバンドですね。名曲を数多く産み出し、現在もなお活動中。

「CROSS ROAD」、「innocent world」、「Tomorrow never knows」のホップステップジャンプ感は当時ものすごい盛り上がりをみせましたね。桜井さんの書く叙情的な歌詞、短いメロディに印象的な歌詞を詰め込む手法。多くのファンの心を掴みました。

まず「CROSS ROAD」で爆発的なヒット。イントロから神ってますね。
Mr.Children / CROSS ROAD

次にリリースした「innocent world」は、前作のクオリティを優に越えてくる凄さ。男性がカラオケで歌うのはキーが高すぎてとても無理。女の先輩がガンバレガンバレと一緒に歌ってくれました(笑)
Mr.Children / innocent world

「Tomorrow never knows」はさらにスケールがデカくて、度肝を抜かれましたね。J-POPの金字塔の1つとして挙げてもおかしくない名曲でしょう。
Mr.Children / Tomorrow never knows

僕が好きな曲は珍しく2曲あって、まずはこの曲。
「愛はきっと奪うでも与えるでもなくて、気がつけばそこにあるもの」
「愛情っていう形のないもの、伝えるのはいつも困難だね、だから僕はこの名もなき歌をいつまでも君に捧ぐ」
Mr.Children / 名もなき詩

ブレイク前の曲から選ぶとすればこの曲でしょうか。歌詞がまだ若干直球気味ですね。
Mr.Children / 抱きしめたい


さて「CROSS ROAD」、「innocent world」が収録されたアルバム「Atomic heart」を購入したファンは当然たくさんいたのですが、その多くが「?」を感じるアルバム曲の内容。一般受けするテイストではなく、男の哀愁、恋愛・失恋に対してのねちっこい執着心。

僕が好きな曲2曲目はそんな「Atomic heart」に収録されているこの曲。「Love is over」のoverと「over the top」のoverがダブルミーニングですね。並の曲なら「愛しい人よ、さよなら」で終わると思いますが、この曲はそのあとにAメロで2行歌詞が追加されています。この2行に救われるんですよね~
Mr.children / over

社会人になったら沁みる曲。
Mr.Children / 雨のち晴れ

「Tomorrow never knows」を収録した「bolero」も名盤。うちにある「bolero」は、レンタルショップでバイトしてたKから貰った非売品の販促用CD(どうでもいい)

究極の鬱ソング。聞き時を間違えるとマジでヤバい。
Mr.Children / ALIVE

倦怠期。女性には申し訳ないと思いつつ、共感出来るところは多々あるんだよなあ。
Mr.Children / 幸せのカテゴリー

最後は我らが民生サンの「innocent world」。
…は?他人の歌だと本気出しすぎでしょ笑。「innocent world」を原キーファルセットなしだよ?どんな声量だよ?自分の歌でも本気出して笑
奥田民生 / innocent world

さて次回はB'z、やります。

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

心のベスト10~えいごの?うた~

さて今回はちょっと蛇足(笑)
前回えいごのうたを紹介しましたが、その時色々聴いていたら、超絶カッコいいLOVE PSYCHEDELICOの存在を思い出しまして。
今回は英語か日本語かよく分からない曲を紹介したいと思います。

まずはLOVE PSYCHEDELICO。いい意味で乾いたバックサウンドと英語と日本語が癖なく絡み合う爽快感。確かファーストアルバムはダブルミリオンくらい売れたはず(うろ覚え)。
Your Song / LOVE PSYCHEDELICO
Last Smile / LOVE PSYCHEDELICO

おじさん代表はサザンオールスターズのこの曲でしょうか。
冒頭から「修羅場穴場女子浮遊~」「愛乃場裸場男子燃ゆ~」何言ってるか全く分かりません(笑)
ラストの「PARA DI DI so PARADISE of you 」で、全てを出し切る爽快感がたまらなく好き。
サザンオールスターズ / シュラバ★ラ★バンバ(Cover)

現代代表は岡崎体育。ここまで紹介した曲に共通してるのは、日本語の言葉の2個目3個目にうまくアクセント音を当てはめて、日本語のイントネーションをぼかしている点でしょうか。あとやっぱり全員英語の発音がうまいです。
岡崎体育 / Natural Lips

最後は言語の壁を超越したブッ飛んだ曲。ギターのコード進行、ベースラインは超王道。ロックは歌詞じゃあねーんだよ!
…何でこのCD買ったんだろうなあおれ。
ぴすぱんでい♪
B-DASH / ちょ

以上、えいごの?うたを紹介してみました。
こんなのもあるよ!っていう曲があれば教えてください!

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

ピットさん

Author:ピットさん
寄る年波と戦う元ゲーマー

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
注意:現在更新中のブログはありません。リンク切れ多数。リンク削除希望の方はお手数ですが連絡ください。
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。